長野県神道青年会

TOP

活動報告

会長挨拶

私達の主張

慰霊施設一覧

組織図

会員専用

平成24年度活動報告

普通救急救命講習に参加して

普通救急救命講習に参加して

 

去る六月十四日、上田市真田消防署にて開催された、普通救急救命講習会に参加しました。この講習会は元々、如月研修会・水無月研修会の多数の研修会の一環として始まったようですが、現在では救急救命に特化した形で続いています。神社という不特定の方が、参拝に来る施設に奉職する者にとっては、救命法を身に就けておいて損はない。という趣向があったのではと思います。当然ながら、いざという時に実践するためには、知識と経験が必要になります。その為には継続して受講することが大切になります。思い返せば学生時代の二回、木曽・松本・泰阜・今回の真田と六回目の講習となりました。それでも自信が就くに到底至りませんので、今後も受講し続けていきます。

今回の消防士さんは小中学校の同級生で、よく知る顔だったのもありますが、非常に丁寧で豪快で解りやすく、普段は教わらないような深いところまで話して頂き、会員皆の表情もまた真剣そのものでした。今後は上級救命講習を含め検討してほしいと思っています。

昼過ぎに講習を終え、山家神社へ参拝しました。山家神社は大国主神・伊邪奈美神・菊理姫神をご祭神とする古社で、延喜式に記載がみられる由緒ある神社です。真田氏発祥の地としても名高く、境内には真田幸隆を初め、信繁に至るまでの御霊をお祀りする真田神社も鎮座し、上田で育った私としては感じるところが多いお社でもあります。

参拝の後、「駅前食堂」なる場所で昼食をとりました。味は申し分ないのですが、駅前と名乗る食堂の周りには駅が見当たりません。地元会員に聞くと、昭和四十七年に廃線になった真田傍陽線の駅があったそうです。調べますと、この路線は上田~真田間を結び、菅平高原の観光地化に大いに貢献したそうです。講習を受けた後に、その地域の事を知る機会があることは、良いことだと思います。

今回の講習会を通じ、改めて救命講習の大切さを知り、是非大勢の会員と共に講習を受けたいと思いました。

 

Copyright 1999-2015 Nagano-ken Shinto seinenkai. All Rights Reserved.

長野県神道青年会事務局   〒380-0801  長野市箱清水1丁目6番1号

長野県神社庁内 電話 026-232-3355 / FAX 026-233-2720