長野県神道青年会

TOP

活動報告

会長挨拶

私達の主張

慰霊施設一覧

組織図

会員専用

御杣始祭「御神木祭」奉仕活動

杣人の技 三ッ緒伐り

 

 御杣始祭が直後の伐採作業安全の祈願をも兼ね、厳粛のうちに滞り無く修められると、純白の作業着に身を包み、熟練を積まれた杣人達が、内宮・外宮それぞれの御神木の前に凛として整列し、杣頭に併せて拝礼の後、いよいよ伐採が始められた。

 

 清々しく静謐なる神の山『御杣山』に、 杣人達が思いを込めて打ちいれる斧の音が、深く遠くへと木魂する・・・

 そこに居合わせた誰しもが、紛れも無く神の鼓動と実感する瞬間でもあった。

 貴重な材を伐採する為に叡智が込められ受け継がれてきた『三ッ緒伐り』、遷宮の本義のひとつ、技の伝承が披瀝され感動と期待の中、杣頭により最後の斧が打ち振られた。

 ゆっくりと雄雄しくも優美に、神に選ばれし二本の檜は、三百有余年の時を経て美しく交わり合い、確かに御神木として神に捧げられた瞬間、奉拝者からの感嘆と拍手に祝福された。

 そして大業を成し終えた杣人達の達成感と満足感に満ちた、誇らしい表情が実に印象的であった。

 その後御神木は定められた寸法取りと、菊の御紋章に模る小口の化粧が施され、荷積みの為の初曳きの後、明日のお木曳きを待つ、上松町最初の奉安所に無事搬送され、神宮式年造営庁から地元木曽奉賛会へと引渡しが行われ、御杣始祭の諸事が執り修められた。

 

Copyright 1999-2015 Nagano-ken Shinto seinenkai. All Rights Reserved.

長野県神道青年会事務局   〒380-0801  長野市箱清水1丁目6番1号

長野県神社庁内 電話 026-232-3355 / FAX 026-233-2720