長野県神道青年会

TOP

活動報告

会長挨拶

私達の主張

慰霊施設一覧

組織図

会員専用

御杣始祭「御神木祭」奉仕活動

晴れ晴れしく御神木の通る道

 

 六月三日より三日間に亘る、上松町での祭典諸行事を終え、御神木は見送りに集まった多くの方々が打ち振る日の丸の小旗に送られ、搬送を担う上松陸送の真新しいトラックに積まれ、注連飾りを施され一路木曽路を南へと運行を始めた。

 雲ひとつ無い初夏の晴天の中、木曽郡内に設けられた各奉祝所では、地元宮司を筆頭に多くの人々が御神木奉送迎に参集しており、奉拝者の修祓が行われ参拝の後には奉祝の餅投げ等が盛大に執り行われ、各所にて賑わいを見せた。

 

 取り分け地元小学生が全校総出でこの二十年に一度の慶事を迎える等、地域を挙げて次世代への継承を実践している洵に麗しい遷宮の意義を伝える姿に出会えたことは、喜びに耐えない所であった。

 時は流れ、やがて岐阜県に入ると、ここでも沿道に集まり準備された横断幕を掲げ今か今かと御神木通過を待つ本当に沢山の遷宮、御神木を祝う人の波に迎えられ、見送られ針綱神社に無事到着し、愛知県奉賛会へ引渡しが為された。

 

 こうして一連の、御杣始祭から御神木祭に携わらせて戴き、尚且つ御奉仕の機会に恵まれ、未だ感動が覚めやらず思いは募るばかりであり、感想は中々纏まりが付かない処ではあるが、八年後に向けいよいよ国家の重儀、神宮式年遷宮が始まったとの実感である。  御神木がお通りになられた道のりは、其の事を確かに感得させられるものであった。

 

Copyright 1999-2015 Nagano-ken Shinto seinenkai. All Rights Reserved.

長野県神道青年会事務局   〒380-0801  長野市箱清水1丁目6番1号

長野県神社庁内 電話 026-232-3355 / FAX 026-233-2720