長野県神道青年会

TOP

活動報告

会長挨拶

私達の主張

慰霊施設一覧

組織図

会員専用

創立60周年記念事業

創立60周年記念事業奉告祭・記念植樹・直会 写真集

                      (平成20年11月10日)

別掲でご紹介した11月10日の「長野県神道青年会創立60周年記念事業奉告祭・植樹・直会」は無事終了し、当会の一つの区切りとして今後更に諸活動に邁進する所存です。皆様の御理解と御協力の程お願い申し上げます。

当日の様子を『写真集』にしてみましたのでご紹介します。

 

晴の当日神社庁

?委員長

新穀米(米俵)

新穀米(稲穂)

 御神前に奉献される米、餅はもちろん今事業で収穫されたものです。

会員餅つき・・・腰が痛い

新穀斎田でお世話になった山田さんへの感謝状

直会諸準備

清酒は参加会員が1升づつ持寄りました

【創立60周年記念事業奉告祭 午後1時】

 

長野県神社庁神殿(米俵は当会稲作の新穀斎田米です)

定刻 斎主以下祭員参進

奉仕祭員

2代目長野神青雅楽隊

会員奉仕による神舞「浦安の舞」

【創立60周年記念植樹祭 奉告祭に引続き】

準備風景

植樹風景・・・・・・・・・・・・・・・・・あっ、名物ブラザーズ

【創立60周年記念事業直会 植樹に引続き】

大忙しの厨房。

女子神職会の皆様大活躍!

本当にありがとうございまし.

あやしい2人登場!(女?男)

女子神職会の皆様もようやくお席に

 

一同 聖壽万歳

 (写真提供:中川村写真館)

【むすびに】

 

振り返ること60年前 熱き心と不屈の精神を以て日本国の復興と神惟の道の為に長野縣護國神社において青年神職が集い長野県神道青年会が発会しました。爾来その精神は絶えることなく脈々と受継がれ今日に至ります。

発会当時の混乱と不安はある意味においては現在でも解消されてはおりません。戦前の価値観をすべて否定するような長年に亘る教育と社会構造、その中を生きる人々の価値観は大きく変貌してしまい、これまでが当り前であった事が問題視されてしまう。個人主義の増長は集団や和を重んじる本来の日本的社会を大きく変質させています。これら急変する時代に私達は神道人として信仰を守り、伝統と心を次世代に確実に引継いでいかねばならないのであります。

その為には私達青年神職は常に1億国民の範となるべく日々研鑽と修養を重ねて神職としての資質向上に努め、その職責を逸脱するやうな言動は慎まねばなりません。

人の年齢で云えば還暦を迎えました我会としては、今後も斯界の尖兵として更なる熱意と実行力をもつてこの先70年、100年と邁進する所存です。

今後とも皆様の御理解と御協力の程お願い申し上げます。

 

Copyright 1999-2015 Nagano-ken Shinto seinenkai. All Rights Reserved.

長野県神道青年会事務局   〒380-0801  長野市箱清水1丁目6番1号

長野県神社庁内 電話 026-232-3355 / FAX 026-233-2720